マカオカジノ流の接客なんかね

  • 投稿日:
  • by

世界一繁盛しているマカオカジノに、一度は行ってみたいと考え、香港へ仕事に行くついでに初体験決行。

観光ガイドやネットの口コミで、人気のあるマカオカジノ店をピックアップ。

香港ドルを10万円分持ち店に入ると、何と入場料無しで年齢制限も無いのか、パスポートの提示も求められません。

急に如何わしい店じゃないのと疑いつつ中に入ると、ゲーム台のほとんどが満席状態、すごく混み合ってました。

得意なポーカーを探したけど、どこにもポーカーは無く、ルーレットも僅か2台ほどしかありません。

仕方ないからマカオカジノ内をプラプラ歩いてると、東洋人のディーラーから、中国語で兄ちゃんやって行かないかと声を掛けられ、ブラックジャックをプレイする事に。

レートは兄ちゃんが決めて良いよと言われ、低めのレートを言ったら、セコイねと煽られる始末。

香港ドルをチップに交換後、ブラックジャックが開始。

やった!21と思い、カードを出して勝ったら、ディーラーが感情むき出しで悔しがり、チップを投げるように渡されました。

これがマカオカジノ流接客なの?と驚きました。

老いを食い止めたい

  • 投稿日:
  • by

急に発酵食品に目覚めた。「人は恋をすると綺麗になる」などとよく言う。

それは内面から湧き出る輝きもあるかもしれないが、絶対的に外見や身だしなみに気を使うようになる、女心もあると私は思う。

食べたいものは好きなだけ食べていたのに、制限してみたり、エステに通い始めたり、美を意識するようになってきた私。

アラフォーだから、老いを食い止めたいのもある。特に食事内容に気を使うようになり、豆腐・納豆・キムチを意識的に摂るようになった。

納豆2パックに卵、キムチ、オクラなどを投入するだけとか。ちなみに納豆は火を通すと、50℃くらいでナットウキナーゼが死滅しちゃうので、そのままがいいらしい。

どこの家庭も、必ず毎週買う食材があると思うが、これらは我が家の三種の神器になりつつあるのだ。

一人暮らしは気楽こそ最高

  • 投稿日:
  • by

一人暮らしは、やっぱり気楽で最高!実家にいる時は、親の説教や愚痴が超ウザかった。確かに、メシを作らずに済むよ。

洗濯とか掃除も、「やらなくて良い」と言っても、結局片付いてる。身の回りの事は、面倒が掛からず助かるんだ。その分、五月蠅く言われ・・。

で、俺は遂に一人暮らしの自由を、勝ち取った訳だよ。嬉しくてたまらないぜ!コンビニ弁当・ジャンクフード・・・そんな物ばっかり食べようとは思わん。

今時、簡単な料理が出来る男子は沢山居る。俺も実家じゃ、力を発揮出来なかっただけ(苦笑)。

自分でネットのレシピを見ながら、作れば良いが、友達に凄いヤツがいるから、時々一人暮らしの部屋へ呼び、二人で食おう、彼は、調理師免許所持者、かなりの腕前!

勿論、早く彼女を作るのが、目標さ。一人暮らしの醍醐味は、女の子と気兼ねせず過ごせる事でしょ?違うよー、ホテル代ケチるとか、無粋な魂胆は全然無い。

成人後、随分経つのに、親から監視されるのが嫌は、皆同じだろ?

限定感が半端無い

  • 投稿日:
  • by

大食いの私にとって、昼間の晩酌は馬鹿食いしても次の日の朝まで胃もたれが残らないという画期的な方法。すでに晩では無いので間違っとるが・・・。

出来るだけ自作の作り置き惣菜や、冷凍食品などを酒の肴にし、おこづかいを使わないようにしたいのだけど、たまにはプチ豪華に買い物したくなる。

そう、それはコンビニで買い物をするという行為。主婦になってから、本当に行かなくなるスポットになった。

こんな時の目的は、限定のスナック菓子と今流行のコンビニスイーツだ。袋菓子に関しては、限定感が半端無い。

日頃スーパーしか行かない私にとっては、見たこと無いパッケージが目に飛び込んでくるので超新鮮。

そうして今回カゴに入れたのは、カルビーポテトチップス「にんにく塩味」。ビール無しでは、たまらないテイストだ。そして実食。

濃!味、濃っ!さすがの私も、一袋完食出来なかった。食べる人気をつけて。めっちゃ胃もたれするから!